So-net無料ブログ作成
検索選択

トランプ大統領の「入国禁止」を歪曲するメディア

日本においても、移民・難民問題は他人事ではない。犯罪の多くは、外国人によるものだからである。入国が禁止及び制限されるのは当然である。国外追放も当然である。

その真意を歪曲して報道する主要メディアは、犯罪者の仲間と言っていい。メディアの腐敗ぶりも世界共通である。

ただ、アメリカの場合は、愛国心の強いトランプ大統領の足を引っ張っているのだから、主要メディアは愛国心が無いことになる。

日本の場合は、愛国心の無い安倍政権をヨイショしているのだから、主要メディアも愛国心が無いことになる。

共に、メディア界には愛国心の無い売国奴が多いということになるが、アメリカよりも日本の方が滑稽である。愛国心の希薄な人が日本の首相なのだから。




トランプツイッター日本語訳2/2
http://trumptwitter.xyz/2017-2-2.html

皆が議論している。入国制限は「入国禁止」に当たるのか否か? あなたが望むことを言ってみてください。悪い意図を持った悪い者どもを国外に止めておくことについて。



01.12.2016
米国内テロ連鎖に共通要因

オハイオ州コロンバスにあるコロンバス州立大学での車と刃物によるテロ事件(11月28日)の容疑者は、イスラム過激派思想を持つソマリア出身の難民であった。2015年から増大している米国内のテロ事件には、容疑者がイスラム過激派思想を持ち、容疑者や容疑者の家族が中東やアフリカのイスラム教諸国からの難民であることなどの特徴が共通している。

コロンバスでのテロ事件容疑者はパキスタンに数年在住した後、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の第三国定住プログラムで米国に難民として定住してきたソマリア人である。今年に起きたテロ事件のうち、5件中4件の容疑者は難民として米国に定住(1件は両親がアフガニスタン難民)、5件のうち3件はイスラム過激組織が使用するマチェテ(注1)などの刃物を使ってテロ事件を起こしている。

(中略)

2017年には5,500人のソマリア難民の受け入れがすでに決まっている。中東からではなく、アフリカのソマリア難民によるテロが米国に広がる傾向は今後も続く可能性が高い。「米国に渡りテロを起こせ」というイスラム過激派の呼びかけに沿って進んでいる。




01.02.2017
一時入国禁止大統領令を巡る報道の真偽 Part1

テロ懸念国の市民の一時入国を禁止する大統領令が1月27日に発令された。主要メディアは、「イスラム教徒を対象とした宗教的迫害」、「ファシズム政策」、「白人至上主義」、「憲法違反」と批判、空港などでの反トランプ、イスラム教支持の抗議デモで混乱が起きた。しかし、大統領令の本質を主要メディアが報道していないことが問題である。

大統領令には「イスラム」や「ムスリム」の言葉は一切使われていない。入国が禁止されているのは、イラン、イラク、リビア、ソマリア、スーダン、シリア(無期)、イエメンの特定7カ国の市民が対象で、市民であれば、宗教は関係なく対象となる。テロへの対応、米国民をテロから守るための処置として90日間、移民の場合は120日間の入国禁止であり、永久なものではない。大統領令に提示しているのは、シリア移民に対しては「移民申請が国益に従って行われていることが保証されるまで(米国移民認定プログラムが適切に機能しているか確認されるまで)継続されることになる。

(中略)

そもそも、特定7カ国はトランプ大統領が特定したものではない。2015年にオバマ前政権下で成立した、ビザ免除プログラム及びテロリスト渡航防止法(法案番号H.R.158)でイラク、イラン、スーダン、シリアがテロ懸念国として指定され、これらの国からの市民の入国が一時禁止された。2016年には、リビア、ソマリアとイエメンが追加対象国となった。これらの国は、テロリストを育成、支援、他の国に送り込んでいる歴史があることして特定されたのである。


(全文を読む)


コメント(0) 
共通テーマ:blog

能力ではなくコネとかカネで貰う賞。価値ないね。

ノーベル平和賞を受賞している人って「?」な人が多いと感じていたが、「平和」を連呼する人たち程、実体は真逆の「戦争好き」なのかもしれないね。(ちなみに、私はピースサインが嫌いです。)

こんな賞など廃止すればいいのにね。審査員による暴露本も出版されているはずで、ノーベル賞自体のイメージも今では低下してしまっている。もはや尊敬の対象ではなくなっているのだ。賞の世界も、出来レースなのである。あらゆる賞が、そうなのだ。

賞とは(賞も)コネで貰うもの、能力で競うものではなかったのだ。価値ないね。




AFPBB News 2017年2月1日 11時36分
ノーベル賞のワレサ氏「筆跡鑑定でスパイと証明」 ポーランド検察
http://news.livedoor.com/article/detail/12616196/

ポーランドの検察当局は1月31日、同国の民主化運動を率い、ノーベル平和賞(Nobel Peace)を受賞したレフ・ワレサ(Lech Walesa)元大統領(73)について、筆跡鑑定の結果、共産主義政権時代に秘密警察に協力するスパイだったことが証明されたと発表した。




2014年10月13日
平和賞受賞者のマララさんもイルミナティと繋がりがあります。これもヤラセです。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51941036.html

これまでも、胡散臭い人たちがノーベル平和賞に選ばれました。平和賞受賞者とは名ばかりで、実は戦争推進派なのです。ノーベル平和賞自体がイルミナティが勝手に作った偽善者のための賞だと思います。




2017 年 2 月 01 日
≪スクープ!≫安倍政権が英シンクタンクに金を払って「反中キャンペーン」を展開していたことが判明!「中国脅威論」を醸成
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/916.html


コメント(0) 
共通テーマ:blog

電通は在日企業 ソモソモ高級なCMを作る能力が「?」

だから、日本人は、テレビ離れ・CM離れ・広告離れ、つまり電通嫌いになった、ということでしょうね。

電通は在日企業なので、社員も在日が多いと思う。そもそも、高給なCMを作り出す能力がないのではないかな。

電通=諸悪の根源。というのが、日本人の普通の認識である。



(2/3追記。下記記事のコメントに目を通してみたのだけれど、ほとんどの人が電通を擁護している。この人たちが「ネトウヨ」? ネトウヨって「在日」? もしかして「アルバイト」? 電通=在日=創価=パソナ=安倍内閣=)

2017年02月01日(ライブドア2ch 痛いニュース)
電通 「CMは偏差値40に理解できなきゃダメ。世間にはおそるべき量のバカがいる。それが日本の普通の人だ」 → 炎上
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1913265.html

元電通社員でブロガー・作家として人気のはあちゅうさん。1月30日に電通の先輩から聞いたという傲慢な「教え」をツイートし、炎上している。

「電通の先輩が、『CMは偏差値40の人にも理解できるものじゃなきゃダメ。この会社にいる時点で普通ではないと自覚しろ。世間にはおそるべき量のおそるべきバカがいる。そしてそれが日本の「普通の人」だ』って言ってたの、一番役に立ってる教えの一つだ」




2017-01-06 03:10
日本を快適化するため不快なものを書き出してみた
http://humor.blog.so-net.ne.jp/2017-01-03


コメント(0) 
共通テーマ:blog