So-net無料ブログ作成
検索選択

米政権交代 トランプ氏 正式に次期大統領に選出

BBC 2016年12月20日
【米政権交代】トランプ氏、正式に次期大統領に 選挙人団投票 (抜粋)
http://www.bbc.com/japanese/38375228

米大統領選の選挙人団は19日、各州で投票し、共和党のドナルド・トランプ氏を正式に第45代大統領に選んだ。トランプ氏は、必要な270人以上の票を獲得した。

トランプ氏は、「私たちの国をひとつにまとめ、すべてのアメリカ人にとっての大統領になるよう一生懸命努力する」とコメントした。

選挙人団の投票結果は来年1月6日、連邦議会の特別両院合同会議で発表される。

トランプ氏は選挙人団の投票を受けて、「私に圧倒的に投票し、合衆国の次の大統領に選んでくれた米国の人たちに感謝する」、「この歴史的な一歩を通じて、明るい未来を期待することができる。私たちの国をひとつにまとめ、すべてのアメリカ人にとっての大統領になるよう一生懸命努力する」とコメントした。

次期副大統領のマイク・ペンス氏はツイッターで、「@realDonaldTrump おめでとう。本日、選挙人団によって正式に合衆国大統領に選出された」と書き、さらに自らが「次の合衆国副大統領に正式に選出されたことは、光栄で身が引き締まる思いだ」とツイートした。

選挙人団の仕組みは、米国建国当初に直接民主制と間接民主制の妥協案として、憲法に盛り込まれた。州ごとの有権者の投票結果をもとに各政党の選挙人が、候補者に投票する。選挙人538人の過半数270人を得た候補が、正式に大統領となる。

11月の一般投票で、トランプ氏は30州で多数票を得て勝利し、合計306人の選挙人を獲得していた。

トランプ氏は来年1月20日に正式に就任する。


(全文を読む)


コメント(0) 
共通テーマ:blog

日本共産党もダメだけれど勝共連合も反日だし全部ダメ

いつも思うことだけれど、こうした本が出版されたことで、それによって問題を解決するきっかけになり、結果として良くなったことがあるだろうか。

特に、この問題は、良くなるどころか悪化の一途を辿ったのではないだろうか。謝りたいと思った人はモーゼ氏ただ一人であって、それも書物を通してであって、これで済まそうだなんて……、きっと、思ったに違いない。日本の現状を見れば明白である。愚民による愚民化計画は未だ続行中だ。増々調子に乗って独裁傾向にあるじゃないの。

文中では「日本愚民化計画」ではなく、『人間獣化計画』となっているようだ。

謝るとは、問題を解決することである。解決とは、ガンを取り除くことである。日本におけるガンは愚民たちである。愚民政治家の一掃を大至急、解決して頂きたい。



モルデカイ・モーゼ著 1979年
日本人に謝りたい~ あるユダヤ長老の懺悔(ざんげ) ~
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe805.html

 第5章:共産主義はユダヤ人が作った(抜粋)

 日本共産党を育てたのは我々の最大の誤りだった

ユダヤ人が日本人に謝らなければならない最大の問題は、戦後日本共産党を育て残置諜者として残していったことである。これは具体的にはニューディーラーが全て行なったことである。

共産主義者群から成っていたニューディーラーは社会主義革命こそ行なわなかったが、戦前の日本にあった類い稀な長所をすべて破壊したのである。それ以上に大きな誤りは、残置諜者として日本共産党を育て、残したことである。

我々が戦後改革によって犯した誤りも、この残置諜者=日本共産党なかりせば、もうとっくに賢明な日本人は本来の日本民族に蘇生したであろう。


 マルクス主義は「ユダヤ民族解放」のための虚構理論だった

これらを具体的にいうと、国家・民族意識、愛国心の去勢、道徳観の失墜、拝金主義の培養、家族制度の崩壊、その他、戦前の日本が世界に誇った冠絶した長所を失墜せしめたことにあろう。

マルクス主義はこの病理の精神的支柱となっているのである。これは根拠のないことではない。何故ならば、日本共産党は戦前の日本の長所をすべて「絶対悪」として否定するものである。そして、日本共産党はマルクス主義を唯一絶対の世界観として信奉する政党である。



(1967年に、共産主義はダメだと言って、勝共連合が出来たようだが、これも反日勢力であり、要するに日本の政治・政党は全滅なのである。)

Wikipedia 2016年11月15日 (火) 19:41現在
国際勝共連合  勝共連合=統一教会


(相関図を見る)


コメント(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。