So-net無料ブログ作成
検索選択

プーチン氏の考えは「首相が日本人ならば返還も有る」

北方領土問題だけれど、プーチン大統領が「返還しない」のは、相手が日本人ではない首相だから、首相が日本人になるまでは「返還したくない」ということだろうと思う。

領土問題なのだから、国対国の話し合いで解決する問題で、日本対ロシアの話し合いは日本人対ロシア人の話し合いでなければ本当の話し合いとは言えず、つまり、プーチン大統領は、現状のままでは話し合いが出来ないので「返還できない」から、首相が日本人になってから話し合いたいと言っているのである。当然だ。

日本人ではない安倍晋三には、この問題に真剣に取り組む意志はないし、問題が先延ばしされれば自分の政治生命も延長できると計算して遊んでいるのである。そもそも、愛国心もなく、それどころか売国奴で、日本人ではないのだから、領土問題に関わる資格させないのである。

それどころか、違憲状態で行われている政治なのだから、一つとして真実はない。騙し取った税金を返還して、さっさと辞めてもらいたいものだ。 (敬称略)

(領土問題を扱っている記事が目に留まったので書く気になった。)

コメント(0) 
共通テーマ:blog