So-net無料ブログ作成
検索選択

実際は「世論調査の結果とは真逆」ということになる

フランス大統領選の予備選でも「世論調査という印象操作」が行われていた模様だ。アメリカ大統領選で、あんなに問題視されたのにね。

勝利したフランソワ・フィヨン元首相は、世論調査では3位と報道されていたのだから、不快だったに違いない。

しかし、こうなってくると、真相・真実・実際は、「世論調査の結果とは真逆」ということになってしまう。

TVショッピングなどで「今これが売れてます」と売りたがっていた人が居たけれど、これなども「売れてないのね」と判断して間違いないね。




WSJ 2016 年 11 月 22 日 15:34 JST
【社説】仏フィヨン氏の意外な勝利が物語るもの
http://jp.wsj.com/articles/SB12408226390103943756704582451670660067772

フランス語で「愚かな世論調査会社」はどう言うのだろうか。仏大統領選に向けて最大野党・共和党など中道・右派陣営の候補者を選ぶ予備選が20日に実施され、フランソワ・フィヨン元首相が、下馬評で上位を占めていた有力候補2人を負かし、意外にも勝利を収めたとあっては、これは聞く価値のある問いだ。フィヨン氏は予備選で、2位につけたアラン・ジュペ元首相と決選投票に臨むことになる。決選投票の勝者は社会党のフランソワ・オランド大統領の後任として最有力候補となる可能性が高い。



BBC News 2016年11月28日 10時1分
フィヨン元首相が勝利 仏大統領選・野党予備選
http://news.livedoor.com/article/detail/12341218/

来年春のフランス大統領選に向けて、中道右派野党・共和党の候補を決める予備選の決選投票が27日行われ、フランソワ・フィヨン元首相(62)がアラン・ジュペ元首相(71)に勝利した。開票がほぼ終わった段階で、フィヨン氏の得票率は約67%。

(中略)

当初は有力視されていた穏健派のジュペ元首相は、フィヨン氏の「大勝」を祝福し、大統領選では支援すると約束した。

フィヨン氏は来年4~5月にかけて行われる大統領選で、社会党の候補と、極右「国民戦線」のマリーヌ・ル・ペン党首と争う見通し。


コメント(0) 
共通テーマ:blog