So-net無料ブログ作成
検索選択

トランプ氏に大統領になってほしいから

気になるアメリカ大統領選。トランプ氏に大統領になってほしいから、口を挿みます。

2005年と言えば、日本では「郵政解散」が有った年です。あの頃は日本も浮かれていました。隙だらけでした。個人的には国勢調査票を盗られた年で、私の「在日外国人嫌い・新興宗教嫌い」が始まった年でもあります。

記事は、ビル・クリントン氏についても触れています。過去を持ち出すのなら、ヒラリー氏の過去も知りたいものです。フェアーな報道を宜しくお願いします。

それにしても、この問題の何処が問題なのか、アメリカ映画を観ていると、こういうシーンって普通に有るし、許容の範囲じゃないのかなぁ。




CNN 2016.10.08 Sat posted at 10:57 JST
トランプ氏が・・・発言録られていた
http://www.cnn.co.jp/usa/35090247.html

映像は2005年のもので、米紙ワシントン・ポストが入手した。・・・

これを受け、トランプ氏は声明を発表した。トランプ氏はこの中で、発言は「内輪の冗談であり、何年も前の私的な会話だ」と言及。ビル・クリントン元米大統領からゴルフコースでこれよりはるかにひどい発言を聞いたことがあるとしたうえで、謝罪の意を表明した。


(10/11追記)

アゴラ 藤沢 数希氏 2016年10月10日 06:00
暴露されたトランプ米大統領候補の女性蔑視発言の全訳
http://agora-web.jp/archives/2021978.html

第2回テレビ討論会の前に、ドナルド・トランプ米大統領候補の女性蔑視発言が暴露され、大騒動となっています。支持率にも影響を与えているようです。

NHKなどは、「有名人になれば女性は何でもしてくれる」とトランプが発言したとして報道していますが、意訳され過ぎていて、正しく視聴者に伝わっていないようです。また、ネットに落ちている訳も、部分的であったり、間違っているところがあって、全体像が伝わっていません。

そこで、僕がそのまま全訳してみました。このように、前後の文脈をつけると、必ずしも女性蔑視の発言には聞こえないことがわかります。どちらかというと、ちょっとした軽妙な会話だったのではないでしょうか。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

政教分離のはずなのに宗教票で当選している政治家たち

つい先日のリオ五輪の閉会式まで、小池百合子氏(現都知事)を愛国心の強い保守と信じ切っていた。まさか、新興宗教団体と、これほどまでに密接な関係にあったとは驚くばかりである。

日本人ならば、先祖代々の宗教を継承する。それとも、選挙に勝つためなら複数の関係も厭わないのだろうか。

日刊ゲンダイが、2009年9月に報道した記事を見つけた。「幸福の科学」が小池氏の選挙に協力している。今年の都知事選では「創価学会」も協力している。つまり、当選が確実だった選挙である。「私には組織票はありません」は大嘘だったことになる。

新興宗教団体の組織票で当選している議員は、小池氏だけではない模様で、議員たちは、協力関係にある宗教団体と共に政治を行っているのが現状ということになる。マスコミも、そうである。特定の組織・宗教団体のために、せっせと発言し、せっせと記事を書き、自分たちだけが得する仕組みを作っている。日本を、どうするつもりなのだろうか。

熊本の阿蘇山が爆発的噴火をした。災害は常に突発的に発生する。集中豪雨、50年ぶりの豪雨、こんなことは初めて。

政治が悪いと自然災害は多発する。人は騙せても神は騙せない。きっと。



日刊ゲンダイ 2009/9/7 10:00
派閥を離脱した小池百合子の転進先(「幸福の科学」が協力)


日刊ゲンダイ 2016年7月16日
公明党支持者が支援 小池百合子氏が展開する“ウラ組織戦”
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/185776/1


サイゾー 2012.12.16.
自民党は真如苑、民主党なら立正佼成会…票のためなら歓迎!? 政治と宗教のあまりに打算的な蜜月
http://www.premiumcyzo.com/modules/member/2012/12/post_3782/

(全文を読む)


コメント(0) 
共通テーマ:blog

瀬戸内寂聴氏の暴言で判明した「日弁連の本音」

瀬戸内寂聴氏の発言は、作家で僧侶の人が言った、という意味においても問題発言だと思う。極悪な殺人者を処罰する死刑が、「殺したがる馬鹿ども」だろうか。被害者(悩みを抱えた人)の立場に立って考えられる人ならば、絶対に使わない言葉です。その暴言を、「死刑廃止会見」の場で、日弁連は、躊躇なく、公開した。これ、日弁連の本音でしょうね。

被害者よりも加害者を弁護する方が得するってことでしょうか。死刑にすれば契約終了ですもんね。

私は、死刑制度は、悪人撲滅の意味で、存続すべきだと思っています。



産経ニュース 2016年10月7日 5時2分
「殺したがるばかどもと戦って」 瀬戸内寂聴さんの発言に犯罪被害者ら反発「気持ち踏みにじる言葉だ」 日弁連シンポで死刑制度批判
http://news.livedoor.com/article/detail/12114357/

(続きを読む)


コメント(0) 
共通テーマ:blog