So-net無料ブログ作成

アメリカ大統領選 副大統領候補とブレーンにも注目

AFPBB NEWS 2016年10月05日 13:22
米副大統領候補がテレビ討論で火花、激しい「代理戦争」に
http://www.afpbb.com/articles/-/3103297


Forbes 肥田 美佐子氏 2016/09/30 17:00
トランプ外交ブレーンが語る日米関係、「日本たたき」をやめた真相
http://forbesjapan.com/articles/detail/13756

(全文を読む)


コメント(0) 
共通テーマ:blog

公職に就くには、「~であってはならない」のが条件

政治家になる条件は(公職に就く条件は)、国益を考える上でも、「二重国籍であってはならない、帰化人であってはならない、在日外国人であってはならない」はずです。そうした、禁止事項を明確にした法案を早急に作るべきだと思います。「政教分離」も条件です。

基本が出来ていれば、誰が首相になっても安心です。誰が外相になっても大丈夫です。政治家自身においても、噂をされることもなく、堂々と仕事が出来るというものです。

基本の基本がザル法になっているのは大問題です。公職に就く者は、「二重国籍であってはならない、帰化人であってはならない、在日外国人であってはならない」が基本です。「政教分離」も基本です。



日テレNEWS24 2016年10月6日 12時40分
「二重国籍で首相・外相」禁止なしは“問題”
http://news.livedoor.com/article/detail/12111410/

参議院予算委員会で安倍首相は、二重国籍の人物が外相や首相になることを禁止する規定がないことについて、「問題点として存在する」と述べた。

自民党・有村治子参院議員「大臣、副大臣、政務官というのは、行政府に入る方々であり、その人たちがはたして二重国籍であっていいのかどうか」

安倍首相「外務公務員にはですね、二重国籍は認められていない。その国と国との交渉において、国益がぶつかる場合はあるわけでありますから、それはふさわしくないだろうということであります。しかし一方、外務大臣とか副大臣とか政務官、彼らもですね、交渉を当然するわけであります。確かに私は問題点として存在すると、このように思います」

安倍首相は、首相も同様との認識を示したほか、国家の機密や外交交渉に関わる大臣や首相補佐官などを任命する場合は「二重国籍ではないことを本人が証明することも必要かもしれない」と述べた。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

小池都知事は何故、キムタクさんだけを邪険にしたのか

小池百合子都知事が、SMAPの番組に出演して、キムタクさんだけを邪険にしたらしい。そのテレビ番組は観ていないので、ネットの記事で読んだだけなので、記事から受けた印象でしかないのですが、小池氏はキムタク氏だけを邪険にしたようです。

小池都知事と言えば、新興宗教団体(創価学会、統一教会、幸福の科学+CIAユダヤ)の組織票で当選した人です。小池氏に、そんな関係があったことなど、ちっとも知らなかった私は、もうビックリでした。都知事選では「私には組織票はありません」と言っていたのにね。今では、もう絶対に信用してはならない政治家の1人として、観ています。

その小池氏に邪険にされたということは、キムタク氏の宗教は別ということでしょうか。SMAPも、新興宗教との噂が絶えないグループのようで、何だか、芸能界は新興宗教の信者だらけなんでしょうか。在日だらけ、という報道は有ったけれど、あーあ、ですね。



ちなみに、私は、新興宗教が日本を乱したと考える者です。実際、嫌がらせを受けたことがあり、その気配のある問題には放っておけない気持ちになり、今回も、つい、口を挿んだということです。


(追記。話題となった元記事を見つけた。)

日刊ゲンダイ 2016年10月4日
キムタク嫌い? 小池都知事の厳しい態度に視聴者ざわつく
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/191139/1


コメント(0) 
共通テーマ:blog