So-net無料ブログ作成
検索選択

政教分離のはずなのに宗教票で当選している政治家たち

つい先日のリオ五輪の閉会式まで、小池百合子氏(現都知事)を愛国心の強い保守と信じ切っていた。まさか、新興宗教団体と、これほどまでに密接な関係にあったとは驚くばかりである。

日本人ならば、先祖代々の宗教を継承する。それとも、選挙に勝つためなら複数の関係も厭わないのだろうか。

日刊ゲンダイが、2009年9月に報道した記事を見つけた。「幸福の科学」が小池氏の選挙に協力している。今年の都知事選では「創価学会」も協力している。つまり、当選が確実だった選挙である。「私には組織票はありません」は大嘘だったことになる。

新興宗教団体の組織票で当選している議員は、小池氏だけではない模様で、議員たちは、協力関係にある宗教団体と共に政治を行っているのが現状ということになる。マスコミも、そうである。特定の組織・宗教団体のために、せっせと発言し、せっせと記事を書き、自分たちだけが得する仕組みを作っている。日本を、どうするつもりなのだろうか。

熊本の阿蘇山が爆発的噴火をした。災害は常に突発的に発生する。集中豪雨、50年ぶりの豪雨、こんなことは初めて。

政治が悪いと自然災害は多発する。人は騙せても神は騙せない。きっと。



日刊ゲンダイ 2009/9/7 10:00
派閥を離脱した小池百合子の転進先(「幸福の科学」が協力)


日刊ゲンダイ 2016年7月16日
公明党支持者が支援 小池百合子氏が展開する“ウラ組織戦”
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/185776/1


サイゾー 2012.12.16.
自民党は真如苑、民主党なら立正佼成会…票のためなら歓迎!? 政治と宗教のあまりに打算的な蜜月
http://www.premiumcyzo.com/modules/member/2012/12/post_3782/

(全文を読む)


コメント(0) 

瀬戸内寂聴氏の暴言で判明した「日弁連の本音」

瀬戸内寂聴氏の発言は、作家で僧侶の人が言った、という意味においても問題発言だと思う。極悪な殺人者を処罰する死刑が、「殺したがる馬鹿ども」だろうか。被害者(悩みを抱えた人)の立場に立って考えられる人ならば、絶対に使わない言葉です。その暴言を、「死刑廃止会見」の場で、日弁連は、躊躇なく、公開した。これ、日弁連の本音でしょうね。

被害者よりも加害者を弁護する方が得するってことでしょうか。死刑にすれば契約終了ですもんね。

私は、死刑制度は、悪人撲滅の意味で、存続すべきだと思っています。



産経ニュース 2016年10月7日 5時2分
「殺したがるばかどもと戦って」 瀬戸内寂聴さんの発言に犯罪被害者ら反発「気持ち踏みにじる言葉だ」 日弁連シンポで死刑制度批判
http://news.livedoor.com/article/detail/12114357/

(続きを読む)


コメント(0) 

アメリカ大統領選 副大統領候補とブレーンにも注目

AFPBB NEWS 2016年10月05日 13:22
米副大統領候補がテレビ討論で火花、激しい「代理戦争」に
http://www.afpbb.com/articles/-/3103297


Forbes 肥田 美佐子氏 2016/09/30 17:00
トランプ外交ブレーンが語る日米関係、「日本たたき」をやめた真相
http://forbesjapan.com/articles/detail/13756

(全文を読む)


コメント(0) 

公職に就くには、「~であってはならない」のが条件

政治家になる条件は(公職に就く条件は)、国益を考える上でも、「二重国籍であってはならない、帰化人であってはならない、在日外国人であってはならない」はずです。そうした、禁止事項を明確にした法案を早急に作るべきだと思います。「政教分離」も条件です。

基本が出来ていれば、誰が首相になっても安心です。誰が外相になっても大丈夫です。政治家自身においても、噂をされることもなく、堂々と仕事が出来るというものです。

基本の基本がザル法になっているのは大問題です。公職に就く者は、「二重国籍であってはならない、帰化人であってはならない、在日外国人であってはならない」が基本です。「政教分離」も基本です。



日テレNEWS24 2016年10月6日 12時40分
「二重国籍で首相・外相」禁止なしは“問題”
http://news.livedoor.com/article/detail/12111410/

参議院予算委員会で安倍首相は、二重国籍の人物が外相や首相になることを禁止する規定がないことについて、「問題点として存在する」と述べた。

自民党・有村治子参院議員「大臣、副大臣、政務官というのは、行政府に入る方々であり、その人たちがはたして二重国籍であっていいのかどうか」

安倍首相「外務公務員にはですね、二重国籍は認められていない。その国と国との交渉において、国益がぶつかる場合はあるわけでありますから、それはふさわしくないだろうということであります。しかし一方、外務大臣とか副大臣とか政務官、彼らもですね、交渉を当然するわけであります。確かに私は問題点として存在すると、このように思います」

安倍首相は、首相も同様との認識を示したほか、国家の機密や外交交渉に関わる大臣や首相補佐官などを任命する場合は「二重国籍ではないことを本人が証明することも必要かもしれない」と述べた。


コメント(0) 

小池都知事は何故、キムタクさんだけを邪険にしたのか

小池百合子都知事が、SMAPの番組に出演して、キムタクさんだけを邪険にしたらしい。そのテレビ番組は観ていないので、ネットの記事で読んだだけなので、記事から受けた印象でしかないのですが、小池氏はキムタク氏だけを邪険にしたようです。

小池都知事と言えば、新興宗教団体(創価学会、統一教会、幸福の科学+CIAユダヤ)の組織票で当選した人です。小池氏に、そんな関係があったことなど、ちっとも知らなかった私は、もうビックリでした。都知事選では「私には組織票はありません」と言っていたのにね。今では、もう絶対に信用してはならない政治家の1人として、観ています。

その小池氏に邪険にされたということは、キムタク氏の宗教は別ということでしょうか。SMAPも、新興宗教との噂が絶えないグループのようで、何だか、芸能界は新興宗教の信者だらけなんでしょうか。在日だらけ、という報道は有ったけれど、あーあ、ですね。



ちなみに、私は、新興宗教が日本を乱したと考える者です。実際、嫌がらせを受けたことがあり、その気配のある問題には放っておけない気持ちになり、今回も、つい、口を挿んだということです。


(追記。話題となった元記事を見つけた。)

日刊ゲンダイ 2016年10月4日
キムタク嫌い? 小池都知事の厳しい態度に視聴者ざわつく
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/191139/1


コメント(0) 

二重国籍発覚2人目 今度は自民党議員

政治家を見たら、二重国籍と思え、帰化人と思え、在日と思え、ってくらいに多そうですね、疑わしい人。そういう人たちは、全員、要らないんですけれど、辞職してもらえませんか? 歳費・給与を払いたくないんですけれど。



産経新聞 2016年10月4日 16時48分
自民・小野田紀美氏の二重国籍 維新・馬場伸幸幹事長「安倍晋三首相は党内調査して答弁を」と苦言
http://news.livedoor.com/article/detail/12102674/

日本維新の会の馬場伸幸幹事長は4日、自民党の小野田紀美参院議員が日本と米国との二重国籍状態だったことについて「民進党の蓮舫代表に続き2人目だ。わが党は参院に国会議員の二重国籍を禁止する公職選挙法改正案を提出している。各党は真摯な態度で法案を受け止め、こういうミスのないように法整備に協力してほしい」と述べた。

3日の衆院予算委員会で、安倍晋三首相が「基本的にわが党の議員は二重国籍ではないとの認識に立っている」と答弁したことに関しては「首相は自民党の総裁だ。ちゃんと党内調査をした上で答弁されるべきだ」と苦言を呈した。


コメント(0) 

舛添前都知事(自公推薦)がしてきたこと

他のサイトで老人ホームの件を知って、もっと詳しい記事はないかと探した結果、「痛いニュース」と「豊受真報」で詳細を知った次第です。政治不信は募るばかりです。



痛いニュース

2014年08月20日
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1806703.html
舛添知事「韓国学校を都の税金で大増設します」→ 担当者「なぜ韓国にだけ…用地がない」

2016年03月21日
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1875872.html
【舛添】 都有地の韓国人学校への貸与で「外交ではなく保育所整備など都民のために使うべき」批判殺到

2016年03月23日
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1876147.html
在日韓国人のための老人ホーム 東京都が8億円を負担し、今秋オープン

2016年06月12日
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1885538.html
舛添知事「ある海外の勢力」から賄賂を受け便宜を図っていた模様 複数誌が暴露へ


2016年9月27日  豊受真報
http://www.media-japan.info/?p=2738
知識:東京都の税金で運営される在日韓国・朝鮮人専用老人ホーム「故郷の家・東京」 建設を提唱したのは朝日新聞

同会の説明によれば、在日韓国老人を保護しようと動いた在日韓国人の尹基氏が、朝日新聞で「在日韓国人のための老人ホーム建設」を提唱。それにもとづき、1985年、金山政英・元駐韓日本大使を会長に、原田憲議員や俳優の菅原文太氏ら33人の世話人を中心に、東京都において「在日韓国老人ホームを作る会」がスタートしたのだという。こういった設立経緯からみても、やはり「故郷の家」は在日韓国・朝鮮人専用施設だ。また、「故郷の家」は既に大阪に2つ、兵庫、京都にも建設されており運営されている。日本人の税金が投入されているのはもちろんだ。

日本国内であるのに外国人専用の福祉施設が建設され、多文化共生が目的と言いつつもそれはウソで、実際は在日韓国・朝鮮人という特定の民族専用の施設。そこに日本人の多額の税金が投入されている。これは朝鮮学校並みの大問題なのではないか。「故郷の家・東京」はことし10月1日オープンだ。

コメント(0) 

メイ首相「来年3月末までにEU離脱交渉を開始する」

CNN 2016.10.03 Mon posted at 13:18 JST
英国、来年3月末までにEU離脱交渉開始へ メイ首相が明言

首相によれば、英国人の多くは移民流入を制限したいという理由で離脱に賛成票を投じたとみられる。

(全文を読む)


コメント(0) 

日本のこころを大切にする党 vs 蓮舫氏と田原氏

田原総一朗氏と言えば、朝まで生テレビですが、この番組を通して有名になった舛添要一氏は、最悪レベルの都知事でした。有名にした田原氏にも、それなりの責任が有ると思うのですが、無責任体質なのでしょう、今度は、二重国籍問題で嘘を重ねた蓮舫氏を擁護しています。

田原氏が、そういう人だったとは、知りませんでした。



アゴラ 八幡 和郎氏 2016年10月02日 22:00
国会「蓮舫劇場」いよいよ開幕!公開質問状も大反響

田原総一朗さんなんぞ、「蓮舫氏は台湾籍を放棄したものと思い込んでいたのであって、曖昧にしていたのではない」・・・とか呑気なことをいっているが、どんな非行をしても、可愛い孫娘が悪いはずないと言い張るお祖父ちゃんの風情で微笑ましいが、民進党議員も馬鹿にされたものです。



夕刊フジ 2016年10月01日17時05分
蓮舫氏は代表辞任を 日本のこころを大切にする党・中山恭子代表激白「二重国籍は国家の独立を脅かしかねない」

「国会議員は、その国に100%の忠誠を誓わなくてはいけません。国家の方向性を決める責任があり、国民の生命や財産、国土や自然、伝統や文化を守る義務があるからです。二重国籍でないことは国政に携る者の最低限の義務であり、有権者への礼儀です」

「国会議員の二重国籍の問題は、民主主義や国民主権と密接な関係があり、国家の独立を脅かしかねないほど重大なものです」

(続きを読む)


コメント(0) 

それでも勝つのは、トランプ氏

トランプ氏が思いっきり足を引っ張られていますね。ドタバタした感じの記事ばかりですが、そこに添えられているトランプ氏の写真が、グワーって感じで、記事より写真が面白い。

どうなるんだろう、アメリカ大統領選。トランプ氏の支持層は、支持している理由がハッキリしているから不動でしょうね。離れないと思う。

このピンチ、ピンチかなぁ。

コメント(0) 

「トランプ氏の言葉」は・・・親切

どうしても気になるアメリカ大統領選。しかし、この言葉に出会っていなければ、他国の問題として、ただ眺めていただけだったかもしれません。

ドナルド・トランプ氏の言葉です。


「『不当な扱いを受けたらやり返せ』『やり返す』ことは『目には目を』ではない! 単なる『フェア』である。よし、ためらわずに反撃しよう。それは当然のマナーなのだ。すなわち『ウィンウィン』という奴だ。」


いじめ問題に対して「目には目を」で臨んでいた私には、この言葉は朗報でした。「やり返す」ことは「目には目を」ではない「フェア」である「当然のマナー」である「ウィンウィン」である。世界観が一変した瞬間でした。

ドナルド・トランプ氏には、感謝しております。


コメント(0) 

トランプ氏の人気が相当高いに違いない

とてもとても気になるアメリカ大統領選。

トランプ氏の人気が相当高いに違いない。アメリカの全国紙(USAトゥデー)が、トランプ氏当選を阻止する行動に出た。なぜ阻止なのか。それは、トランプ氏が大統領になると、「1%の政治的・経済的権力者」が権力を剥奪され兼ねないからである。「大きくて潰せなかった銀行」にも、トランプ氏はメスを入れるようだ。故に、彼らは、何が何でも、トランプ氏の当選を潰そうと躍起になっているようだ。(その真逆がクリントン氏ということになる。)

だから、国民は、トランプ氏を支持している。


危機的状況に面したメディア界。この問題は世界共通と言える。

NHK NEWSWEB 10月1日 7時16分
米全国紙 トランプ氏に投票しないよう呼びかける社説


01.03.2016
国民がトランプを支持する理由

09.09.2016
「大きすぎて潰せない」米大手銀行に不正行為

(続きを読む)


コメント(0)