So-net無料ブログ作成
検索選択

豊洲移転問題 それはそれ、これはこれ

私は、消費者の立場から口を挿みます。築地市場は見学したので状態を知っています。老朽化が進んでいてアスベスト問題も抱えています。そこで処理される食品を口に運ぶ気にはなれません。

豊洲は新築です。土壌問題は検査を重ねて、さすがに安全の域でしょう。利権問題とは区別して考えてはどうでしょうか。消費者として、豊洲移転に賛成です。

しかし、利権問題は、大騒ぎして明白にしてください。利権、特権、自分たちだけ儲かる仕組み、これは絶対に許せない。


コメント(0) 

今の連立政権で憲法改正ができるのだろうか

改正というからには国益重視の完璧な内容を目指しているに違いなく、そうであるなら賛成ですが、不安材料は、公明党との連立政権で果たして完璧な内容に成り得るだろうかという点です。

自民党と公明党では、説明するまでもなく、違い過ぎます。連立を組んでいること自体、理解に苦しみます。ということは、どういうことだろう。

連立の欠点は、互いに責任を擦り付け合って逃げられることです。

そういえば、内閣支持率が上昇したとのこと(記事の内容は知りません)ですが、これは野党が弱体化の一方なので、こうした報道になる訳です。

今後は、この高支持率報道によって、消費税増税も国民が支持しているかのように報道されるでしょう。私は勿論反対です。在日特権を知ってしまった今、それが廃止になるまで、あらゆる増税に反対です。

コメント(0) 

なぜ新聞は公明党批判をしないのでしょうか

今更ですが、ずっと疑問に思っていたことを書きます。

新聞は、公明党以外の政党には、時によってはバッシングにも似た記事を書き、容赦なく退陣を迫ったりしますが、公明党に対しては、どうしてしないのですか、バッシング。

子宮頸がんワクチンの接種を積極的に推し進めてきたのは主に公明党です。多数の被害が出て、集団提訴も起きています。提訴に関する新聞記事は出ましたが、そこには政党名の記載はありませんでした。どうしてでしょう。そして、どうしてバッシングしないのでしょう。推進した側は加害者なのに。

公明党だけが特別扱いされているという印象です。特別扱い、優遇、コネ、隠ぺい、やらせ、利権。

都議会のドンも、チヤホヤされて、ヨイショされて、特別扱いされていますが、思い出すことがあるのでしょうか、自殺した都議のこと、自分がイジメた都議のことを。


(この程度の短文なのに数時間を要しました。)

コメント(0) 

「吉田茂=マッカーサー往復書簡集」と在日特権と利権

知ったのは最近。本は未だ読んでいない。記事は読んだ。仰天した。知らせたい。



吉田茂=マッカーサー往復書簡集(抜粋)

(追記)(初版本は単行本で2000年に出版されているが、それで、吉田氏の気持ちを受け継いで問題解決しようとしたのだろうか、読ませるだけで終わりなのか、「サイン無し」の文字が効力無しと告げているかのようだ。私は書店で目を通してみたが結局購入しなかった。今更読んで何になるのかと思ったからである。)


在日特権の酷い実態

利権問題まとめ

(続きを読む)


コメント(0) 

東京オリンピックの「エンブレム A案 なぜ」

何となく楽しみになってきた東京オリンピックですが、「ダサいユニフォーム」に加え、「白黒エンブレム」も不評のようです。4候補の中から、よりによって意気消沈するような白黒を選んだのは、どうしてだろうと懐疑的になるのも頷けます。他は元気が出るだろう綺麗な色合いなのに。私も納得いかないので、記事にしておきます。

(8/24追記)
「エンブレム A案 なぜ」で検索すると分かります。不支持が多数。

白黒では盛り上がらない。意気消沈する。D案の朝顔の水色が綺麗。デザインも斬新。和風であって洋風でもある。「咲く・開く」、これ、いいんじゃないかなぁ。

コメント(0) 

アメリカ大統領選 米国では、このように報道されている

DAILYSUN 04/08/2016
元市長はトランプ氏へ ジュリアーニ氏が投票

ニューヨーク・タイムズの取材に対し、「トランプ氏は私の友人。テレビで見る彼は、私の知るトランプ氏ではない。本当は紳士的な男であり、候補者の中でも彼が大統領に最適だと思う」と述べたことが報じられている。



クリントンの選挙戦に障害~健康悪化が深刻に 19.08.2016


コメント(0) 

アメリカ大統領選 国民がトランプ氏を支持する理由

国民がトランプを支持する理由 01.03.2016

トランプ氏の高い支持率の背景には、国が抱えている政治、経済、社会問題を最も効果的に解決できる能力をもっている、最高指揮官としての責任を果たせる、一般市民が抱えている問題を理解できる、最も誠実なリーダーであるといったトランプ氏への大統領としての高い能力と「アメリカを再び偉大にする」ことへの期待がある。

トランプ氏の支持層は、主に教育の低い低所得層の白人と日本では報道されているが、実際の支持層は、アメリカの政治の衰退と汚職、ウォール街・大企業と利益関係にある政治家、「大きすぎてつぶせない」銀行、資本主義ではなく「ファシスト国家」となったアメリカに危機感を持ち「お金で買われない」「国民の声を聞く」指導者を求める国民である。

特定の年齢、人種、教養レベル、所得などに関係なく、トランプ氏を支持するアメリカ国民による「一大運動」に発展している。

(全文を読む)


コメント(0) 

トランプ氏は、むしろ「賢明」

ロイター 2016年 07月 25日 09:08 JST
コラム:トランプ外交、全てが「狂気の沙汰」ではない


トランプ氏は、米国が「世界の警察官」であり続けることはできないと事あるごとに主張し、米国が世界で「不可欠な国」だとする民主・共和両党議員の考えに盾突いている。イラクとリビアへの介入は、トランプ氏の主張を裏付けるものだ。

(続きを読む)


コメント(0) 

知りたいのは立候補者の宗教観

選挙では、候補者は、宗教観を明白にしてほしいと思います。

政策、経歴、信条、宗教を知りたい。(血液型より宗教観が大事です。)

例えば、こんな表現で。「宗教は禅宗です」「靖国参拝は毎年欠かさず行っている」「初詣には必ず行く」「マンションだけれど神棚を設けている」。

国を愛して改革してほしいのです。

コメント(0) 

トランプ氏が嘘をつくような人には思えない

私には、トランプ氏が嘘をつくような人には思えない。率直な発言だと思う。

そう思えるのは、世界情勢を(新聞を通してだけれど)眺めていて、テロが頻発している割には世界のトップたちの様子が平然としているように見えたから。



ロイター 2016年 08月 12日 02:45 JST
IS「共同創設者」はオバマ・クリントン両氏、トランプ氏が発言

(全文を読む)


コメント(0) 

五輪のユニフォーム、確かにダサい。同感。

東京オリンピックのボランティアユニフォーム、確かに着る気がしない。リオ用のユニフォームにも(開会式で観て)ガックリした。

ユニフォームのデザイン、私が担当しましょうか、無料で。って人が現れたらいいのにね。アマチュアの中にもプロ並は居るし。

どう変更されるのでしょう。期待しています。


東洋経済ONLINE 2015年06月28日
五輪「ダサすぎユニフォーム」は知事の失態だ
<動画>もっと感度の高い人に意思決定権を


2016-06-22
リオ五輪のユニフォームが酷い


コメント(0) 

「なぜ圧勝になるのか」と考えてみた

本来は、選挙は接戦になるのが望ましいと思います。

都知事選は、小池百合子氏が圧勝しました。応援していたので大喜びしましたが、この勝負は、街頭演説の第一声の段階で決着していたと思われます。「外国人参政権付与には反対です」と明言した段階で。

この一言で有権者は安堵し、あとは小池氏の掲げる政策に耳を傾けるだけとなりました。増田氏も「反対です」と明言しましたが、これまでの姿勢が問われ、失速しました。鳥越氏には当選の可能性はありませんでした。

もしも、候補者が、日本を愛する日本人で、「外国人参政権付与に反対」の姿勢を取ってきた人ばかりであったなら、脱原発を掲げた候補者が勝利していたのかもしれません。なぜ、今回、脱原発を掲げる候補者は外国人参政権付与に賛成の立場を取る人だったのでしょうか。

日本における選挙は、毎回、こんな具合です。国民を不快にし、惑わせることばかり。

今回の都知事選で、ようやく、期待できる人が圧勝し、安堵しているところですが、本来は、国を愛する候補者のみで競い合う選挙でなければならないと思うのです。

そうすれば、圧勝という現象にはならず、政策のみで判断する接戦となるはずです。国を愛する候補者ばかりならば、いずれも劣らぬ政策を掲げるでしょうから。

疲れたので、これくらいにします。


(追記)
小池氏への応援記事を6記事ほど書きましたが、現在は公開していません。現在は応援したことを後悔しています。

コメント(0)