So-net無料ブログ作成

今冬の風邪の特徴か 喉が痛くなる・微熱・咳が出る

更新が鈍っていたのは、風邪をひいて喉を痛めて微熱があって咳が出ていて、無理だったから。

こんな体験は20年ぶりくらいで、参考までに症状と対処の仕方を書いておくね。

まず、ウィルスに感染したに違いない。1/4にデパートに行った時に、咳をしていた人とすれ違ったから。喉が痛くなったのが9日だから、潜伏期間って数日だというし、感染したのだと思う。

ただ、その日8日~9日は、とてつもなく寒い日で、そうだけれど、読み始めた戯曲が面白くて読みふけってしまったのは事実。喉の痛みが始まったのは、それから数時間後だった。

この喉の痛みは、もう思い出せないけれど、薬嫌いの私が喉スプレーを使ったくらいだから耐えられない痛みだったのだろう。買い置きの新品があったから慌てずに対処できたけれど、この喉スプレーのおかげで喉の痛みは1日で治った。

微熱37度2分には解熱剤を飲んで対処した。薬嫌いだけれど、今回は悪質なウィルスのように思えて薬に頼った。しかし、微熱は続き(解熱剤を3回も飲んだ)、咳は咳込む程ひどくなり、なのになのに、食事は美味しかったのだ。

そして、昨夜、微熱はあったし咳も続いていたが髪を洗いたくて入浴した。びっくり。入浴中、全く咳をしなかった。入浴後も、こうして記事を書いている今も、咳が出る気配すらない。ぴたりと止まった。

参考になったでしょうか。

水は、うがいをしたり飲んだりと頻繁に摂取した。マスクも使った。食事は普段通り、たっぷり摂った。微熱があるのに咳も出るのに、どうして普段通りに食べられたのかは分からない。


(追記)
症状の一つ、鼻水を書き忘れた。くしゃみ、鼻水、喉の痛み、発熱、咳を発症。咳は入浴で呆気なく治ったけれど、今日も寒いし、油断大敵。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。