So-net無料ブログ作成
検索選択

流行語大賞「日本死ね」は「日本愚民政治死ね」の略語

今年の流行語大賞が「日本死ね」に決まったそうだ。「保育園落ちた 日本死ね」を元にして選出されたようだ。※

これは、保育園待機をしている母親が、何もしてくれない日本の政治に対して不満をぶつけた言葉と解釈していい。「日本」と「死ね」の間に「愚民政治」を加えると納得が行く。「日本愚民政治死ね」である。

その通りで、日本は(戦後71年間も)愚民が政治を行ってきた。愚民政治家たちは日本人ではないので愛国心があるはずもなく、対日工作員として日本を壊すことしかしてこなかった。待機児童問題などは待てども待てども解消することはないだろう。怠慢なのではなく全く解決する気がないのである。愚民政治家の目的は、日本人を愚民化して日本を壊すことなのだから。

「日本死ね」で受賞して喜んでいる山尾しおりは政治家なのだから、言葉の意味を「日本(愚民政治)死ね」と理解できていたならば受賞を断ったはずだ。となると、額面通りに受け取ったことになる。つまり、「日本」は「死ね」と思っていることになる。

ということは、審査員も、賞を企画した側も、受賞者も、全員が日本人ではないだろう。喜んでいるところを見ると間違いない。日本人ならば不快でしかない言葉だものね。

しかし、愚民政治家とは、恥も外聞もなく何でも貰いたがる人たちだ。呆れる。(敬称略)


(追記)
賞を企画したのは、ユーキャン。在日企業だそうだ。ということならば、審査員も在日だろうね。姜尚中、俵万智、室井滋、やくみつる、箭内道彦、清水均の6人。山尾しおりは、ガソリーヌ山尾と呼ばれて批判されている人。

(追記)※
トップ10に入った、ということらしい。大賞ではなく入賞。

(追記)
ユーキャンのWikipediaに「ユーキャン死ね」と書き込まれたようだ。その後には書き換え合戦が続き2016.12.03 12:00現在においても継続中とのこと。

(追記)
ユーキャン=自由国民社(出版社)=現代用語の基礎知識(出版物)


コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。