So-net無料ブログ作成
検索選択

仕組まれた戦争 仕組まれた愚民化 これは犯罪である

愚民化計画(日本人愚民化計画、電通の愚民化計画、愚民化戦略、3S政策)という文字をネットで目にしたのは、まだ最近のことである。その中身に驚いて私もBLOG(10/20~)で引用したが、何度も言うようだけれど、日本人は愚民になっていない。

しかし、確かに日本に愚民が増えたように感じる。日本人は愚民化していないのだから、愚民という移民が増えているに違いない。

それとも、増えたように思えるのは、特定の場所に愚民が集中していて、その愚民たちが目立つことをしているからなのだろうか。

特定の場所とは、国会、政界である。

戦後(仕組まれた戦争であった)、日本人は公職から追放されている。日本人を追放して、代わりに愚民を登用し、日本愚民化計画が開始されたのだ。(数年後に追放令は廃止されたようだが愚民化計画は続行されているのだから日本人は冷遇されていたに違いない。また、通名制度は愚民登用のために必要となって施行されたのではないだろうか。)

おそらく、選挙の折には、当選するのは常に愚民で、立候補の段階から愚民のみを候補者にして、誰を選んでも愚民が当選する仕組みにしていたと考えられる。

「そういう政治家(愚民)を選んだ国民が悪い」と偉そうに言っていた愚民が居たが、誰を選んでも愚民が当選する仕組みになっているのだから、国民(有権者)が悪いはずがない。それどころか詐欺に遭った被害者だ。この仕組みは犯罪である。出来レース同様の犯罪だ。

厚顔無恥で、自惚れ屋で、嘘つきで、すぐにツケアガル、支離滅裂、…これは愚民の特徴だが、政治家たちの特徴とピッタリ一致する。

だから国会でのやりとりも、日本人には不可解で、「?」な事ばかりなのである。「はぁ?」って首を傾げたくなることが実に多い。(そういえば、2005年12月に開始した旧ブログでも、よく「アリエナイ!」って書いていたっけ。)

見た目は日本人を真似られても、頭の中身までは真似られないから、政界は劣化の一途を辿ったのである。日本人を騙して愚民化させる計画も、議員たち自らが愚民であることを露呈する結果となってしまった。(官僚は大丈夫だろうか。)

愚民化計画は、容赦なく公務員たちからも職を奪ったに違いない。日教組は朝鮮人が創ったそうだ。教師に愚民が多いのも頷ける。目的が愚民化だから、愚民を要職に就けているだろうから、法曹界も愚民化していることだろう。メディア界も同様だ。宗教界も乱された。芸能界とスポーツ界は、日本人が冷遇されている。企業も、在日企業を太らせるために、日本人が経営する会社は潰されてきたに違いない。

日本が日本人にとって不快な国になっているのは、そうした理由によるものである。

仕組まれた戦争。仕組まれた愚民化。それでも日本人は愚民になっていない。賢い。

日本を再び高尚な国に変えるには、日本人のみで政治を行うことである。日本人ならば愛国心が有る。愛国心が有れば国益は守れる。国益を守れば豊かになる。豊かになれば快適になる。

政界は、やはり、刷新するしかない。



(政治家が日本人ならば、日本人が好む政策のオンパレードになるはずだ。現在は真逆だ。高齢化への対処も、まるでイジメだ。政策の失敗というよりは、現政権は国民をイジメているのである。日本人ではない愚民が政治家をしている以上は、イジメは解消しないのである。)

(こうして疑問点を書き出してみると、愚民化計画とは愚民を使って日本を乗っ取る計画だったことが分かる。彼らは悪だ。反面教師である。こうなってはオシマイダという人たちである。)

コメント(1) 
共通テーマ:blog

コメント 1

お名前(必須)

政治家は国民が選んでるんですから馬鹿な国民が悪いんですよ
誰を選んでも同じとか典型的な愚民ですね
by お名前(必須) (2017-04-28 14:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。