So-net無料ブログ作成
検索選択

政界刷新するしかない 国益を損なう議員ばかりだから

安倍政権とは、要するに、「余計な事ばかりをする政権」なのだ。国民が望んでもいない法案を必死になって通そうとしている。つまり、それは、国益を損なう可能性が大きい事を意味する。

日本国民は、日本の国益を損なうだろう法案に対して、不安を感じて反対している。その法案を強行に採決したがる安倍政権とは、やはり、日本人ではない人の集まりではないのか。

安倍政権も、メディアによる支持率操作で政権を維持してきた。国民が望んでもいない法案も、法案成立を目論んだ世論調査で操作すれば事足りるのだから、メディアが上手に嘘をついてくれさえすれば、法案を成立させ、政権は維持できてしまうのである。

アメリカのメディアも腐っているが、日本のメディアの腐り加減は最悪レベルと言っていい。それもこれも、日本人ではない人の集まりだからである。そうなのだ。日本のメディアには、日本人ならば必ず持っている愛国心がないのだ。それもそのはず、日本を愚民化させるのが目的で選出された人々だからである。

ゆえに、日本は、公職に就いている人を、公務員を、メディア界を、刷新しなければならない。刷新こそが、日本国民を不快感から解放する最良の方法なのである。

政界は、与党の議員も野党の議員も、大半が売国奴と言っても過言ではないくらい「?」な議員が多いのだから、政治家全員を対象とした経歴調査、身体検査、思想テストを行って、「愛国心を確実に有していると認められる日本人」のみは残して、選に漏れた人には辞職してもらうのだ。


日本は、仕組まれた戦争によって、公職から日本人が追放され、以降も、愚民に職を奪われ続け、日本人だけが被害に遭い続けてきた。

ゆえに、政界は「?」な議員が実に多いのだ。与党も野党も「?」ばかりなのだ。だから、政権争いなど愚の骨頂なのだ。全員が売国政策しかしない議員なのだ。

この状況を変えるには、政界刷新しかないのだ。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。