So-net無料ブログ作成

ルーズベルト大統領の欲望が起こした日米戦争

戦後の71年の間に移民という愚民によって日本は乱されてしまった。アメリカ民主党、ルーズベルト政権が企てた戦争が発端である。この戦争は犯罪に匹敵する。アメリカには、日本が抱える不快な問題に対処し解決する責任があると思う。



2016/1/18出版
日米戦争を起こしたのは誰か ルーズベルトの罪状・フーバー大統領回顧録を論ず

内容紹介より抜粋

「日米戦争を起こしたのは狂人の欲望であった」と私が言うとマッカーサーも同意した。 50年の封印を開き、2011年に刊行された元アメリカ大統領フーバーの衝撃の大著。 “FREEDOM BETRAYED Herbert Hoover's Secret History of the Second World War and Its Aftermath"(2011)

米国民をたぶらかし、日本に戦争をしかけ、蒋介石とスターリンに莫大な軍事援助を与え、世界に惨劇をもたらした誤った政策の数々。フーバー自身が蒐集した膨大な資料に基づき、つぶさに検証した大著=第二次世界大戦史の内容を紹介、討論する。同時に第二次世界大戦さえ回避できたとするウェデマイヤー将軍回顧録も紹介。三人の論客が徹底討論して、東京裁判の無効を明かにし、自虐史観を完全に払拭する。


2000/3
秘密のファイル(上) CIAの対日工作


2014/5/14
暴露:スノーデンが私に託したファイル


コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。