So-net無料ブログ作成
検索選択

「メディアは腐っている」腐らせたのは支配者だろうね

日本のメディアも腐っている。日本の場合は、記者に売国奴が多いから、偏向+捏造記事のオンパレードで、辟易されているとも知らずに、相変わらず偏向記事を量産している。(ヨイショされているのは売国奴ということになる。)

その偏向ぶりは、安倍政権が続く中で甚だしくなったように感じる。安倍政権は、「ヘイトスピーチ規制法」を強行採決した時点で国民からの支持を失っているが、メディアのヨイショで人気が有るように見せている。今に共倒れになるだろう。

アメリカは、共和党のトランプ氏が大統領になったことで、「言論の自由」が復活し、国民は大喜びしているという。アメリカは、共和党と民主党とでは対日戦略が大きく違うようだが、アメリカ国民にとっても民主党政権の8年間は「言論の自由」を奪われた苦痛の日々だったに違いない。※

安倍政権が強行採決した「ヘイトスピーチ規制法」は、次の政権で破棄すべきだろう。日本国民が望んでいるのは「言論の自由」である。トランプ氏のような首相である。


(11/17追記)
※追記しておきたい。日本国民は、日本人は、アメリカ民主党政権のせいで71年間も苦痛な思いをして過ごしてきた。もう懲り懲りだ。



ParsToday
2016年08月15日19時53分
トランプ氏、アメリカのメディアを「腐っている」
http://parstoday.com/ja/news/world-i14719

アメリカ大統領選挙の共和党候補、トランプ氏が、ニューヨークタイムズ紙を標的にして、メディアを「吐き気がするほど腐っている」としました。

フランス通信がワシントンから伝えたところによりますと、トランプ氏は14日日曜、ツイッターに複数の発言をあげ、民主党のクリントン候補を支持するメディアを非難し、それらを吐き気がするほど腐っていると述べました。

トランプ氏はさらに、メディアは彼に対して誠実ではないとし、「このような状況が続けば、11月の選挙でクリントン氏に20%以上の差をつけて勝利するだろう」としました。

また、「メディアは私の選挙集会をきちんと報道しておらず、原則的な問題に関して取り上げていない。集会の参加者の正確な数も伝えていない」としました。

トランプ氏がニューヨークタイムズを非難するのはこれが初めてではありません。トランプ氏は、この新聞の財政・経営の問題について触れ、同紙は破綻しつつあると述べています。

トランプ氏は、13日土曜夜にコネチカットで開かれた集会で、ニューヨークタイムズを地獄に落ちるべき新聞だとしました。


2016年04月28日18時55分
アメリカ国民の多くは、自国のメディアに不信感
http://parstoday.com/ja/news/world-i7105


コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。