So-net無料ブログ作成

トランプ大統領「不法移民は強制送還するか収監する」

日本も、第一弾として、まずは不法滞在者を強制送還するか収監するべきだ。日本の場合は、公職に就いている不適格者(帰化人や在日外国人)が多過ぎるから、第二弾は、公職に就いている不適格者には辞めてもらおう。

アメリカにも、この件では協力してもらいたいよね。日本が在日朝鮮人だらけになったのは、戦前から始まっていたアメリカ民主党政権による、日本愚民化計画が原因なのだから。日本人が、どれほど不快な思いをして暮らしてきたことか、一人残らず日本から出て行ってもらいたいのが本音である。




BBC News 2016年11月14日
【米政権交代】トランプ氏、「犯罪者」の不法移民300万人摘発すると
http://www.bbc.com/japanese/37970798

トランプ次期米大統領は、不法移民対策の第一弾として、まず300万人の不法移民を強制送還するか収監すると方針を明らかにした。13日放送の米CBSテレビ「60ミニッツ」のインタビューで述べた。まず摘発の対象にするのは、犯罪組織関係者や麻薬密売人など犯罪歴のある不法移民だという。

米主要メディアに対する選挙後初のインタビューで、トランプ氏は、「犯罪者で犯罪歴があるギャングの一員や麻薬密売人をとらえて、そういう連中は多分200万人か、もしかすると300万人にもなるかもしれないが、その連中はこの国から追い出すか、収監する」と述べた。

米紙ワシントン・ポストによると、トランプ氏が挙げている人数は国土安全保障省の2013年報告に依拠したものの可能性がある。この報告書では「排除可能な犯歴のある外国人」は190万人だと書いているが、その中には合法定住者や短期滞在ビザを持つ移民も含まれている。

米議会報告によると、2010年の時点で米国には犯罪歴のある不法移民が17万8000人いると推計されていた。シンクタンク「移民政策研究所」によると、犯罪歴のある不法移民は推計82万人だが、その数には不法入国で有罪となっただけの人も含まれるという。

米国内には推計1100万人の不法移民が暮らしており、その多くはメキシコ出身。トランプ氏は出馬当初から、不法移民対策を主要公約として掲げてきた。出馬宣言の演説でトランプ氏はメキシコが強姦犯や麻薬密売人を米国に送り込んでいると述べ、強く非難された。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。