So-net無料ブログ作成
検索選択

通名制度は1940年2月11日に施行されていた

今日は未だニュースを読んでいないので、心は、とても穏やかだ。穏やかだけれど、CIA電通への怒りが収まることはない。CIAと電通のヤラセ報道(印象操作とは、そういうことでしょ?)のせいで、今では、信用できるのは自然災害だけになってしまった。大地震、火山の噴火、台風、竜巻、雷は信じられる。

しかし、信じられるのは当初だけで、その後は、その状況を利用して、どういう風にでも操作できるのだから、CIAの目的が明確で、日本を破壊することであるのならば、状況を利用して傷口を広げることくらい直ぐに思いつくだろう。大地震後、人災の疑いが濃い出来事が続いたが、疑わしいね。

犯人が逮捕されていない事件も、疑わしい。在日が騒いでいるデモも、疑わしい。総裁の任期延長決定などは、最も疑わしい。

安倍首相は保守ではない。元外国人なのだから、成り得ない。そして、元外国人だから無恥である。厚顔無恥だ。明恵夫人の韓国人大好き!発言も、無恥だから言えたのである。在日は皆、厚顔無恥だ。日本人ならば決して言わないことを在日は平気で言う。通名を使っているから恥も外聞もなくなるのだろう。

在日外国人に通名を許可したのも、未だに廃止しないのも、CIAの都合だろう。創氏改名(通名)制度は1940年2月11日に施行されたという。太平洋戦争開戦は日本時間1941年12月8日である。戦争を企てたのはCIAだろう。ISISを創ったのはCIAと言われている。(ISISとは「イラクとシリアのイスラム国」の略称だそうだ。別に知ったってしょうがないけれどね。)

アメリカにとっても害に違いないCIA。悪魔だね。地獄組。仲間の電通も地獄組だし、その操り人形(を装ったスパイかも)だって地獄行きは免れないだろう。地獄は底なし沼と言われているから満席になることはないはずで、悪人同士、もがき苦しみながら、第二の人生を、どうぞ地獄で生きてください。

この世が、どういう所か、知ってる? 自然災害が、どうして、そこで発生したのか、分かる?

コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。