So-net無料ブログ作成
検索選択

「安倍首相と電通との超蜜月関係」で分かる厚顔無恥

通名が使える制度が廃止にならない限り、日本人は韓国人(朝鮮人)に騙され続け、被害に遭い続けることになる。

慶応大学で起きた不祥事の、主犯格は韓国人(朝鮮人)であった。少し前に起きた東大での不祥事も、主犯格は韓国人(朝鮮人)であった。相当前だが、早稲田大学でも同じような不祥事が起きている。逮捕された主犯格の早大生は、韓国人(朝鮮人)であった。

大学で不祥事が起きれば、その大学のレベルは低下する。不祥事を起こしているのは韓国人(朝鮮人)なのだから、韓国人(朝鮮人)によって日本は低レベル化していると言っていい。

深刻な問題なのに、在日には特権が与えられ、ここは日本なのに日本人が冷遇されているのが現状である。それもそのはず、現政権程、在日企業の電通と親密に関わっている政権はないと言われている。

電通。首相夫人の安倍明恵氏は電通出身だそうだ。実家の森永製菓は在日企業と言われている。「物資のない時代にCIAルートで砂糖を得たのがロッテグリコ森永の在日菓子企業」との記述があった。

CIA、電通、在日、ウンザリする。


(私は4年前にブログの更新を止めていた。正確には、1年程前からポツンと呟く程度の記事を発信していたが、こうして記事を書くようになったのは今年からである。都知事選で小池氏を応援するために書き始めたのだが、その小池氏にはマンマと騙され、その行為を、今度は批判する側となって書き続けている。小池氏を信用したのは小泉元首相を信用していたからである。安倍首相を信用したのも同じ理由である。まさか、この三氏が、私が最も嫌いな団体と親密な関係にあったとは、当時は露程も知らなかった。今は応援したことを後悔している。)



2016/09/04 10:44
先行きが不安になる安倍首相と電通との超蜜月関係
http://www.freeml.com/bl/8631419/316967/

2016/09/04 10:44
先行きが不安になる安倍首相と電通との超蜜月関係
http://www.freeml.com/bl/8631419/316967/

さて、「選択」8月号に安倍首相と電通の超蜜月関係が掲載されていました。

電通と云えば、2020年東京オリンピックの招致に暗躍、パナマ文書のリストにも名前が掲載され、そして在日企業としても有名です。

そのような企業と安倍首相が持ちつ持たれつの関係にあるとすれば、私たち日本人にとって、被害者にとって、大いに憂慮すべき問題だと危機感を覚えます。

(引用始め)

安倍首相の「電通依存」は、歴代の自民党政権の中でも群を抜いているといえる。

そもそも昭恵夫人は元電通の社員。今回の参院選でも自民党CMの収録は電通のスタジオで行われ、首相は撮影後、周囲に「指示通りにやったらほぼ一発でOKになった」と笑顔で語った。

「この道を。力強く、前へ。」の参院選のキャッチコピーも電通が用意。

選挙期間中、テレビCMや新聞だけでなく、インターネットなどへの広告の取り扱いも電通が窓口となっており、「党の選挙資金のうち、数十億円が電通に支払われた」(自民党関係者)との噂も立つ。

安倍首相は6月22日の参院選公示から7月9日の選挙最終日まで、与野党首によるテレビ討論の依頼を、序盤戦を除き、ほぼ断った。

普通なら、野党の党首以上にテレビ局側から猛抗議するはずだが、局側からのブーイングはほぼ皆無。

テレビ局の収入源となるテレビCMの4割近くを押さえる電通が影響力を行使し、「局側の反発を沈静化させた」(民法関係者)という。

今の自民党には、電通とゆかりの深い議員も多い。オープンエントリー(ネットユーザー対策企画)を実質的に運営した平井卓也党IT戦略匿名委員長や中山泰秀元外務副大臣は電通出身だ。

電通には自民党専門の対策チームがあり、官邸や平井氏らと細かく連携したうえで選挙対策などに携わっているという。

(以上「選択」8月号より引用)

このような状況で安倍首相は日本国民の為の政治を本当に実現できるのか?それでなくとも海外からカルト認定されている創価学会を支持母体として政教分離を謳った日本国憲法違反の公明党と連立を組んでいる事自体国民からは脅威と思われている事を安倍首相には肝に銘じて貰えればと思います。


コメント(1) 
共通テーマ:blog

コメント 1

あ

選挙ポスターを広告代理店に依頼することは至極当然のことで、金がかかるというのも当たり前なので批判材料にはならない。
さて、安倍政権が親特亜とすると、民進党共産党(今やホコリ程度だが自由党や社民党も)が親特亜であることは周知の事実であるので、そうでない政党は維新とこころだけになってしまいまう。公明党はよく分からないが。
これでは、野党4党が安倍政権を印象操作してまで批判していることに辻褄が合わない。
さらには政権批判主体の報道スタイルも、政府が電通と蜜月であるとするなら、辻褄が合わない。
マスコミ、野党4党、安倍政権の関係性をもう一度よく考えてみるといい。蓋然性の高さを客観的に判断できるなら見識は変わるはず。
by (2017-05-11 14:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。