So-net無料ブログ作成

CIAが、トランプ氏の当選を邪魔している、CIAが

Sputnik 2016年09月16日 18:59(2016年09月18日 14:49)
CIAはクリントン氏の大統領当選を助けるためにロシアの監視を強化している
https://jp.sputniknews.com/opinion/201609162783612/

オバマ政権は、民主党から大統領候補として立候補しているクリントン氏をサポートするために、トランプ氏を悪魔化するため、最善を尽くして、氏をロシアに関連付けしようとしている。

そしてスパイマニアの波を高めている。そうして米国における政治情勢に影響を与えようとしているのだ。これは、選挙に関連する純粋に政治的行為だ。

これは初めて起きたことではない。スパイマニアの波は、西側メディアで定期的に根拠のあるなしを問わず溢れかえるが、そこには常に一定の目標が追求されている。

この場合、米国諜報機関の情報活動の目的は、クリントン氏をサポートするべく、ロシアを暗黒のものとして提示し世論を動かすことだ。

Sputnik 2016年09月16日 18:59(2016年09月18日 14:49)
CIAはクリントン氏の大統領当選を助けるためにロシアの監視を強化している
https://jp.sputniknews.com/opinion/201609162783612/

米国の諜報機関は、冷戦以来最大級にロシアの監視の規模を増加させている。ワシントン・ポスト紙が政府内の情報として報じた。

もっとも、規模は冷戦の時代とは比較にならない、と言う。対ソ諜報活動が全リソースの40%を割り当てられていた当時に対し、この2年間、米国の関連部門におけるこれらのオペレーションのための予算は10%増加した。

記事の著者グレッグ・ミラー氏によると、近年、米国諜報機関の関心の焦点は、テロとの闘いや紛争地におけるそれから、ロシアという方向にシフトした。具体的には国家安全保障局(NSA)によるサイバースパイ、衛星その他の偵察手段の強化、CIAの秘密エージェントの活発化などだ。

米国の諜報機関が厳格な秘密であるはずの情報を出版者を通じて開示する必要があったのか、その理由について、ロシア国防省社会評議会のメンバーで雑誌「国防」編集長イーゴリ・コロチェンコ氏がスプートニクの取材に応じた。報道は国内向けのものだという。

「オバマ政権は、民主党から大統領候補として立候補しているクリントン氏をサポートするためにトランプ氏を悪魔化するために最善を尽くして氏をロシアに関連付けしようとしている。そしてスパイマニアの波を高めている。そうして米国における政治情勢に影響を与えようとしているのだ。これは、選挙に関連する純粋に政治的行為だ。これは初めて起きたことではない。スパイマニアの波は西側メディアで定期的に根拠のあるなしを問わず溢れかえるが、そこには常に一定の目標が追求されている。この場合、米国諜報機関の情報活動の目的は、クリントン氏をサポートするべくロシアを暗黒のものとして提示し世論を動かすことだ」

米国のメディアは8月、FBIは米国の二つの州で外国のハッカーによってコンピュータデータベースをハッキングされた兆しがある、との米国選挙委員会の警告を報じていた。報道ではロシアに関連するというハッカーのグループに言及がなされていた。サイバー攻撃に関するモスクワに対する告発は、7月、ウィキリークスのサイトで公開された、米国民主党幹部の通信への不正アクセスについても行われた。それにより党指導部が予備選でヒラリー・クリントン氏を支持するためバーニー・サンダース氏の不利益を図っていたことが示された。

サーバーへのハッキングに関するFBIの捜査はまだ進行中であるが、それでもハッカー攻撃へのロシア関与をバラク・オバマ大統領を含む数人の米国政治家が非難するのを妨げなかった。クリントン氏の選挙本部はまた、性急にも、選挙で共和党のドナルド・トランプ氏を支持するためのモスクワの画策だ、と宣言。トランプ氏自身は冗談めかしてプーチン大統領とは相互に好感を抱いており、民主党はそもそもこのような手紙を書くべきではなかったと述べた。

ウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジ氏は、不正アクセスへのロシアの関与の証拠はない、と述べた。ロシア在住の元CIA及びNSA職員エドワード・スノーデン氏は、米国の諜報機関はロシアの関与を主張するなら証拠を示すべきだと述べた。ロシア大統領報道官ドミートリー・ペスコフ氏は、そのような主張は不合理であると述べた。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。