So-net無料ブログ作成

民進党には総辞職するという選択肢も有る

記事によると、蓮舫氏は、「日本国籍を選択しないまま、日本で国会議員をしている」「説明責任を果たしていないために、未だ台湾国籍のままかもしれないという疑問が残る」ということの様です。

つまり、台湾国籍のまま、日本で国会議員をしてきた期間が有る、ということです。その点だけを取っても、選択すべきは速やかな辞職でしょう。説明責任を果たして、辞職することだと思います。この問題一つを取っても、民進党の無責任体質が、よーく分かります。

民進党は解党しましょう。総辞職に賛成です。だいたい、帰化して、その国の政治家になろうとする行為には胡散臭いものを感じます。公開されたリストの半数以上が民進党の議員です。冗談じゃなく、日本における、あらゆる選挙は、誰を選んでも売国奴状態です。そこには日本への愛国心など欠片もないのです。いつから、こうなったのか、芸能界などは在日外国人優先業界です。

蓮舫氏同様に、帰化して政治家になった人にも、説明責任が有ると思います。この機に、政治家・公務員の、身体検査を徹底的に行ってほしい。生粋の日本人ならば応じられるはずです。

政界も、芸能界も、あらゆる業界を、生粋の日本人だけが働ける職場に、変えてしまいたいものです。そうすれば、こんな鬱陶しい問題は発生しないし、快適に過ごせそう。快適がいい。日本は日本人のものです。生粋の日本人が優先・優遇されるべきです。



アゴラ

八幡 和郎氏 2016年09月28日 07:30
蓮舫は未だ二重国籍?手持ち書類も出さぬ不思議


池田 信夫氏 2016年09月27日 14:50
蓮舫代表は国会で「説明責任」を果たせ


コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。