So-net無料ブログ作成
検索選択

トランプ氏、フロリダとオハイオで支持拡大

CNN 2016.09.16 Fri posted at 11:45 JST
トランプ氏、フロリダとオハイオで支持拡大 米大統領選

ワシントン(CNN) 11月の米大統領選まで約8週間となるなか、重要州とみられているフロリダとオハイオの2州で、共和党候補の実業家ドナルド・トランプ氏への支持が広がっていることがCNNと調査機関ORCが実施した世論調査でわかった。

オハイオ州で投票に行く可能性の高い有権者のうちトランプ氏支持は46%。民主党候補のヒラリー・クリントン氏を支持したのは41%。リバタリアン党のゲーリー・ジョンソン氏への支持は8%で、緑の党のジル・ステイン氏への支持は2%だった。

フロリダ州では、トランプ氏支持が47%、クリントン氏支持は44%だった。ジョンソン氏とステイン氏への支持は6%と1%だった。

登録有権者を対象とした調査では、オハイオ州ではトランプ氏支持が43%とクリントン氏支持の39%を上回った。フロリダ州ではクリントン氏が45%とトランプ氏の44%をわずかにリードした。

7月下旬の民主党大会後には両州ともクリントン氏がリードしていた。各社世論調査によると、全国的にも他の接戦州でも両者の支持率が8月中旬と比べて縮まってきている。

オハイオとフロリダの2州で、トランプ氏は白人層からの支持を集めている。トランプ氏支持と答えた白人の割合はオハイオで22ポイント、フロリダで29ポイント多かった。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。