So-net無料ブログ作成
検索選択

トランプ氏は、むしろ「賢明」

ロイター 2016年 07月 25日 09:08 JST
コラム:トランプ外交、全てが「狂気の沙汰」ではない


トランプ氏は、米国が「世界の警察官」であり続けることはできないと事あるごとに主張し、米国が世界で「不可欠な国」だとする民主・共和両党議員の考えに盾突いている。イラクとリビアへの介入は、トランプ氏の主張を裏付けるものだ。

米国のイラク政策によって、4万人の米軍兵士が犠牲となったほか、15万人以上のイラク国民が命を落とした。国際武装組織アルカイダが同国で台頭し、最終的には現在の過激派組織「イスラム国(IS)」の勢力拡大にもつながっている。

一方リビアでは、独裁的なカダフィ政権崩壊に向けた米軍の支援が、同国を内戦に陥らせ、強大なIS系武装勢力の出現を許した。

トランプ氏はまた、米軍の介入による財政コストについても正しく力説している。「さまざまな人を倒すのに、われわれは4兆ドル(約424兆円)も使った。もしこの4兆ドルを米国内の道路や橋を改修するために使ったなら、はるかに暮らしが良くなっただろう」と同氏は予備選の討論会で述べている。

トランプ氏は両方の点で正しい。実際、ハーバード大学の調査によると、イラクとアフガニスタンの戦争でかかった費用の合計額は4─6兆ドルで、向こう10年間に米国が必要となるインフラ整備費用とほぼ同じ額となる。

こうした状況では、米国が2001年以降に中東で何もしなければ「われわれの生活はもっとましだった」とするトランプ氏の主張はある程度、真実を物語っている。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。